精進料理

 

たくさんの中から出会った、たったひとつの材料を、

分の手にかけて料理させていただける幸せ

生物は、おいしく生かし、おいしゅういただくことで成仏するものなのです

 



ひと手間かけるかかけないかで、最後の味が全く違ってきます

このひと手間を面倒と思ったら、

できたものはすべて面倒な味になってしまうのだと思うのです

 

 


精進料理
知識を深めていきたいなぁ