いろいろすごいぞ、生姜のちから

 
 

ちなみにこの生姜ですが。。。

 

同じ「身体をあたためる」でも

生で食べるのと、乾燥した状態・加熱した状態で食べるのとでは

「身体のあたため方」が違うそう

 

 

生で食べたときは生姜の成分である「ジンゲロール」が

「深部にある熱を、手や足といった末端に送る方法」で身体をあたためます

 

一方、

 

乾燥・加熱した生姜の場合は「ショウガオール」という成分が

「胃腸を刺激して、体熱を作る方法」であたためるとのこと

 

 

 

結果として身体の深部を冷やす、ジンゲロールのあたため方は

熱があるとき・解熱したいときにおすすめだそうです

 

また生の生姜には、白血球を増やす働きや強い殺菌作用があるので、

風邪の初期症状を追い払ってくれるそう

 

「微熱のある風邪のひきはじめには生姜が良い」

と言われているのは

こういう理由からだったのですね◎

 

 

消化力に関していえば、胃酸の分泌を良くしてくれたり、

生姜自体が持っている「たんぱく質を分解する酵素」で

身体の消化活動をサポートしてくれたりーと、

 

全力でアグニ(消化力)が燃えるように

わっしょいわっしょいしてくれます

 

 

古く昔から、今なお変わらず

私たちの不調に対応してくれるなんて生姜

なんて頼もしい(・ω・)

 

アーユルヴェーダを勉強していると

ひんぱんに「生姜!」「ショウガ!」という言葉を

目にするのですが、とても納得しました

 

 

ただピッタ(火のエネルギー)が増大している状態、

身体が火照っていたり、イライラしていたり、寝不足のときなどは

症状を悪化させてしまうので、控えたほうが安心とのこと

 

ピッタが増大していない方に関しても

1日にいただく量は10g、小さじ1杯程度を目安にするのが良いそうです

 

 

今月は、ぱぱっと作れるジンジャーエールのお話

 

アグニ(消化力)をしっかり大切にして

瑞々しく美しい梅雨を感じながら、心地よい毎日をお送りください:)

 

 

 

 

 

■ 他にもすごいぞ、生姜の力 ■

 ・老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれる

 ・血流促進によって代謝が上がり、ダイエット効果が期待できる(*´ω`)

 ・気管支炎や胃潰瘍を引き起こすウイルスをやっつけてくれる

 ・嘔吐中枢の乱れを整えて、吐き気や二日酔いを抑えてくれる

 ・コレステロールを材料に作られる胆汁の生成を促す

  →胆汁生成にコレステロールが使われるので数値が下がる