グルカンド

 

グルカンド

 

が、

だいすきなんです、とっても

 

 

 

バラは強い冷却作用を持った花で

ピッタ系(火のエネルギー)の不調対策として

取り入れることがすすめられています

 

いつか見たどなたかのサイトで「ローズレッド ペタルで作ってみた」

とあったので、これはこれは。。。と、試してみました

 

 

 

薔薇の花びらをジャムにしたアーユルヴェーダのお薬、グルカンド

 

Gul(グル) = ローズ、花

Khand(カンド) = 砂糖

という意味のアラブ語だそうです

 

 

 

多くのものに良い面・悪い面があるのと同様に

ものごとの根底にある3つのエネルギー、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カファ(水)の

現れ方にも「良い現れ方」、「悪い現れ方」があります

 

ピッタがその人の中でバランスよくあるときは、

熱意をもって物事に取り組めたり

てきぱき無駄なく行動出来たり

 

身体的には、食べたものをきちんと消化したり

血色の良い、魅力的な輝きがお肌にあったりと

活きいきとしたエネルギーとして働きます

 

 

 

反対に、増え過ぎるなどで他の2つのエネルギーとのバランスが乱れると

 

イライラしたり

周りや自分に対して攻撃的になったり

度を超えた完璧主義になってしまったり

 

身体では口内炎や肌の炎症を起こしたり

充血、霞みといった目の不調が出てきたり

下痢になったり

 

といった、困った形で働きます

 

 

 

こういった、ピッタの乱れを整えてくれるグルカンドは

胃酸過多や肝臓の不調、あせもやアトピーにも良いのだとか

 

ピッタは「消化」や「血液」に関係するエネルギーでもあります

 

アーユルヴェーダ医師は「肌を見て血液の状態を知る」そうなので

ピッタを整えることで血液浄化=皮膚トラブル対策になるのですね

 

さらにピッタの「消化するエネルギー」は食べたものの消化に限らず

「情報の消化」でもあるので、記憶力アップにも良いそうです◎

 

 

 

おぉぉぉ

なんだかすごいぞ、グルカンド

 

 

 

もう少しするとやってくる夏は

どんな体質の方でも、もれなく身体に熱がこもり

ピッタが増えやすくなる季節

 

気持ちよく夏を過ごすために

日常にグルカンドを取り入れるのも良さそうです

 

バラと同様に冷たい性質を持ち、ピッタを下げる「甘味」である

ミルクに溶かして飲みましょう、なんてレシピも見つけたりして、

ますますグルカンド好きが止まりません◎

 

 

 

本来の作り方は「グラブ」という、フレッシュなインドローズの花びらと

カディサッカルという砂糖を交互に重ねて漬け、

太陽の光に当てて成熟させていくのだそう

 

私のグルカンドは本家とはとても離れたものですが

それでも赤い色の鮮やかなビンは、なんだかとても美味しそう

 

窓辺に置いたビンを眺めながら

「早く出来ないかなー」と、わくわくしながら過ごしています:)

----------------------------

 

■ayurvedaトリートメントはコチラ → 

■経絡リンパトリートメントはコチラ → 

■ママへのゆったりトリートメントはコチラ → 

 

----------------------------

【ayur spaceえん】

からだを整え、こころもまあるく

自然に調和した、ここち良いまいにち

 

ご予約・お問合せ

 / 080.6676.4254 / ayurspace.en@gmail.com

 

----------------------------